読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆星降る夢の境界線+☆

このブログは夏目友人帳のニャンコ先生好きが、コミックス、アニメ、ライトノベル、グッズ等の感想、雑記などを気ままに投稿していくブログです。にゃんだらけの記事がいっぱいです。 最近は魔法少女物も好きです。

とあるシリーズのコミックスの新刊が届いた

26日にとあるシリーズのコミックスの新刊が届きました。

今回届いたのは とある科学の超電磁砲10巻とある科学の一方通行1巻です。

内容はとある科学の超電磁砲10巻は大覇星祭の科学サイドの話の続きでした。
大覇星祭科学サイドなのに当麻が大活躍してました。
そして黒子や初春や食蜂操祈等も活躍していましたが当の美琴ちゃんは前巻で能力を暴走させられてからは姿も異形の姿となって暴走していました。
最後は当麻と削板軍覇と黒子と初春と食蜂操祈等の活躍で美琴ちゃんも助かり学園都市も助かりました。
最後の最後は良い話で終わっていました。

とある科学の一方通行1巻の方は一方通行(アクセラレーター)と打ち止め(ラストオーダー)と謎の少女のエステル・ローゼンタールが出てきます。
時系列は不明です。
こちらは何故か科学と名のついているのに魔術みたいな力がかかわる話のようです。
エステル・ローゼンタールと言う謎の少女が魔術に似たような死霊術と言われる物を使います。
どちらも面白いのでお勧めです。
そんな感じでそれでは。